有限会社コタニ

有限会社コタニ 岩手のわかめの生育・加工・販売 東京都世田谷区

会社情報

商品情報

知る

HOME»  わかめのできるまで

生わかめのできるまで

【生わかめ】とは

現在、一般的に「生わかめ」と呼ばれているものは、正確には「湯通し塩蔵わかめ」と言うものです。
これは、収穫したわかめを熱湯(90℃位)で茹でたわかめの事を言います 。

 

【生わかめ】ができるまで

刈り取りその1

刈り取りその1

この時期は気温が−4℃前後、水温が7℃位で明け方暗いうちから作業が始まります。

 

 

刈り取りその2

刈り取りその2

3月上旬~4月下旬に、養殖ロープを吊り上げて刈り取ります。

 

 

刈り取りその3

刈り取りその3

海から陸に上げ、葉先と根元に近い部分の硬い茎を切り取る下処理をします。

 

 

ボイルその1

ボイルその1

下処理をした「わかめ」を、90℃の海水でボイルします。ボイルが終わったわかめは、
葉緑素の反応で緑色に変わります。

 

 

ボイルその2

ボイルその2

湯通しした「わかめ」をすぐに冷水(海水)の入った容器に入れ、冷やします。

 

 

冷やし

冷やし

十分に冷やさないと葉緑素の反応で緑色に変わった「わかめ」が、
原色の茶褐色に戻ってしまうことがあります。